ドイツ詩

2018年4月10日 (火)

1月の干し物ロープ上の悲しみ

ロルフ=ディーター・ブリンクマン  (1940 - 1975)

針金が一本、曲がって

張られている

二本の枯れ木を結んで、

その木は間もなく又

葉を芽吹くことだろうが、

早朝そこに洗い立ての

黒いパンティーストッキンングが

一つ、ぶら下がり

絡まった

長い脚から水滴が

明るい朝の光の中

石に滴っている。

Rolf Dieter Brinkmann (1940 - 1975)

Trauer auf dem Waeschedraht im Januar

色んなことが想像されます。女だ、一人暮らしだ、離婚したのか、男物は洗っていない。針金を干物ロープの代用に使うくらいだから豊かとは言えない生活だ。悲しみが早朝の日の中で明るく輪郭を際立たせている。1月に晴天とはドイツらしくないが、場所はどこなのだろう。

wikipediaによると何度ものロンドン滞在で発見した米英のポップ詩をドイツに紹介したとありました。即物的な(faktisch)表現とも書いてありました。そう言えばこの詩には感情を現す言葉が一つも使われていません。それだけに滴る水滴が涙を連想させて効果的です。

2018年1月23日 (火)

盲目の斑点

ウラ・ハーン (1946 - )

私たちこんなに違うから一緒にいられるの

あんたはあっちあたしはここ、あたしたち別々の車線

あんたの「こうだった」とあたしの「まだあゝなるかも知れない」

盲目の斑点が二つ現在の中にある

二人は夢見る人間だと、もう分かっているなら

現在は目覚めの前の夢のようなもの

二人がそれぞれこことあそこに戻るまで

現在は一時あたしたちと共に風の中で戯れる

Ulla Hahn (1946 - )

Blinde Flecken

冬の歌

ウラ・ハーン (1946 - )

今日あなたの家を出たとき

初雪が降っていた

そして私は韻律づくりに

頭を痛めていた

目が涙で一杯なのは

寒さのせいではなく

韻を踏まない

何かのせいだった

ああ、私が呼んだとき

あなたはもう遠ざかっていて

それで私は問うた、先夜誰があなたの

韻の中に眠ったのかと

Ulla Hahn (1946 - )

Winterlied

ザールラント州生まれの女性詩人。ungereimtには「韻を踏まない」と「しっくりしない」の二つの意味があります。

詩作の問題、寒さ、しっくり行かなくなった男女関係が絡まって女性的な良い詩になっていると思います。

2017年3月29日 (水)

最後の時間

ペーター・マイヴァルト (1946 - 2008)

あの最後の時間

僕らは何もできなかった。

君は落ち込みたくはなかったし

僕も笑うわけにはいかない。

だから僕らは紙とお喋りの中に

時間を包み込んだ。

それから僕らは二人して外に出た

一人になるとお互い文句を言いながら。

Letzte Stunde

Peter Maiwald (1946 - 2008)

マルセル・ライヒ=ラニッキ選『ドイツ名詩選』より。

最後の、別れても文句を言い合うところがいかにも頑固なドイツ人らしくて、読んでいて吹き出してしまいました。

2017年2月25日 (土)

支えはバラ一本だけ

ヒルデ・ドーミン   (1909 - 2006)

空中に部屋をこしらえます

曲芸師と鳥たちのもとに。

私のベッドは感情の台形の上

枝の先端にあって

風に吹かれる鳥の巣みたい。

優しく刈り取られた羊の、

手触り柔らかな毛でできた

毛布を一枚買います。月光に

照らされた雲が、大地を超えて

伸びてくる、そんなウール。

目を閉じて羊毛の房にくるまる。

小さいひづめの下にある

砂を感じとりたい。

そして家畜小屋の戸を夜閉める

かんぬきのカチリという音が聞きたい。

でも私は鳥の羽に身を包み

空中高く横たわり揺れる身だから

目眩がする。眠れない。

私の手が何か支えを探して伸びるが

見つけた支えはバラ一本だけ

Nur eine Rose als Stuetz

Hilde Domin (1909 - 2006)

『ドイツ名詩100選』より。女流詩人。この詩や他の作品などから推すと易しい文体の庶民派とでも言えるのでしょうか。

2016年12月 9日 (金)

こんなに君が好きだった

ヨアヒム・リンゲルナッツ (1883 - 1994)

こんなに君が好きだった!

何のためらいも無く君に

僕のストーブのタイルを一枚

贈り物した事だろう。

君に打ち明けられなかった。

勇気の不足が今は悲しい。

線路の土手に

エニシダが堂々と咲いている。

過ぎた事 - 何年も前だ -

でも決して忘れられない事。

僕は旅をする。

長く続くものは何であれ

小声だ。

時間はあらゆる生き物を

変形する。

犬は吠える。

犬は読めない

犬は書けない

僕等は留まれない。

僕は笑う。

重要なのは

茶漉しの網に

あいた穴だ

こんなに君が好きだった!

Ich habe dich so lieb

Joachim Ringelnatz (1883 - 1994)

ワイマール共和国時代ベルリンで軽演劇(キャバレー)・風刺劇作家、詩人、左翼系ジャーナリストとして活躍。1933年にナチス政権により舞台出場禁止処分を受け翌年病死。

仕出かしてしまった後悔より、しなかった事の後悔の方が後を引くと言いますが、好きな女性に打ち明けられなかった痛みは癒えません。

茶漉し網は記憶が薄れてゆく例えによく使われます。ベルリンの石炭ストーブは大型レンガ状に成型した褐炭をゆっくり燃焼させます。部屋の隅にしつらえてあり、家具と見まごうほど立派な、絵柄タイルを張った角柱です。

2016年10月20日 (木)

大都会の目

クルト・トゥホルスキー

朝早く

君が出勤する時、

心配事を抱えて

ホームに立っている時。

そんな時都会は君に

数百万人の人間漏斗の中の君に

アスファルトみたいに滑らかに

二つの見知らぬ目を向ける、一瞥、

眉毛、瞳、まぶた --

何だったのか?もしかして君の生涯の幸運

過ぎてしまった、風に吹かれて、二度と無い。

君は一生のうちに

何千という道を通る。

歩いている道で

君の事を忘れてしまった

あの目を見る

片目が合図する

魂が響く

君は見つけた

ただ数秒だけ

二つの見知らぬ目、一瞥、

眉毛、瞳、まぶた --

何だったのか?誰も時間を戻せはしない.....

過ぎてしまった、風に吹かれて、二度と無い。

君は徒歩で

街々を歩き回る事が有るだろう。

一瞬の間

見知らぬ他人を見る。

敵かもしれない

友かもしれない

闘争中の

同志かもしれない

向こう側に見える

そして立ち去って行く.....

二つの見知らぬ目、一瞥、

眉毛、瞳、まぶた --

何だったのか?

膨大な人数の中の単なる一個!

過ぎてしまった、風に吹かれて、二度と無い。

Kurt TUCHOLSKY (1890 - 1935)

Augen in der Gross-Stadt

ワイマール共和国時代のベルリンを代表するジャーナリスト、著述家。左翼平和主義者、社民党員として多方面で活躍。作家が社会批評をするというハイネの伝統を受け継いだ。現在でもベルリン市民や左派知識人には人気がある。

2016年9月15日 (木)

一息入れる

ヴィルヘルム・レーマン

二番草の香りが道に漂って、

八月だ。雲一つ無い。

荒々しい風など街道に一切吹かず、

アザミを軽く揺らすには十分な程度。

世界大戦はここでは遥かに過ぎた歴史、

蝶の一遊びに時間が安らう。

モーツァルトは作曲し、シェークスピアは詩を書き、

そんな話を歴史は聴きたがっている。

リンゴがひとつ木から落ち、雌牛は青草を食んでいる。

生垣の切れ目の外、海が青い。

ツィターがドンジョバンニを奏でて、

バッサーニオがポーシャを連れて漕ぎ出したのはベルモントからだ。

怒り狂った者も慰められる。

アテネのタイモンやリア王もだ。

忘れられてしまうという苦痛から逃れて。

ほらもう話をしている。君のかたわらに座って。

時間が静かに立ち止まり、カタツムリは

我が家を引っ張る。コーデリアの静かな笑いは

数世紀の時を超えて響き渡る。何も変わってはいない。

僕は彼女といれば若くなり、国王といれば年老いる。

Atemholen

Wilhelm Lehmann 1882 - 1968

バッサーニオ、ポーシャ、ベルモントは『ベニスの商人』に出る人物と地名。コーデリアはリア王の末娘です。

ヒトラーの尻馬に乗って戦争に突っ込み、大敗を喫して意気消沈だったドイツも戦後の混乱期を過ぎて一息入れているところがこの詩の時期です。そこで「考えてみればドイツ文化はヨーロッパ文明の大きな柱だった、我々はユーロッパ文明国なのだ」という自負心でしょうか。それとも「ヨーロッパは不滅、よって欧州文明の一国たるドイツも不滅」というふてぶてしさでしょうか。EUができる前の、欧州人が欧州への信頼を失っていなかった時代の空気が感じられます。

2016年9月 7日 (水)

真夜中近く

エドワルト・メーリケ

ゆったりと夜が野原に立ち上る、

山の端に壁が夢心地もたれかかる。

夜の目は今や黄金の天秤のはかりを見つめている

時を静かに皿に載せた秤だ。

泉は陽気に声を上げ

母親の、夜の、耳元で

今日という日を

今日であった昨日について歌う。

古くて古いまどろみの歌など、

夜は気にしない、うんざりしているのだ。

夜には空の青みの方が甘やかに響く、

同期して波打つくびきの、逃れ去る時間。

だが泉は相も変らず声を上げ

眠りの中でも水は

今日という日を

今日であった昨日について歌い続ける。

Um Mitternacht

Eduard Moerike 1804 - 1875

メーリケの短編『旅の日のモーツァルト』なら読まれた方も多いのではありませんか。

夜をまず擬人化し、次いで光と闇の日々の抗争を天秤ばかりの揺らぎに例え、泉の水音で聴覚を刺激しながら流れ去る時を水流で現して、みごとな作だと思います。

恋愛という事実

エーリッヒ・ケストナー

二人はもう8年も交際している

(交際は順調であったと言い得る)

その愛が突然消えうせてしまった。

他人で言えばステッキや帽子が無くなる様に。

悲しくなった二人は陽気にお互いをだましあい、

キスして何事も無かったかの様に、

見詰め合ったが、その先どうして良いのか分からない。

ついに彼女は泣き出して、男は立ちすくむばかり。

窓から船へ合図もできるそんな場所。

もう⒋時15分だからと彼は言いだす

どこかでコーヒーでも飲む時刻。

隣りでは誰かがピアノのお稽古中。

二人は土地で一番小さいカフェに入った

そしてめいめいカップをかき混ぜた。

夕方になっても二人は相変わらずそこにいた。

座っているのは彼らだけ、一言も口をきかず

そしてもう二人には分からなくなっていた。

Sachliche Romanze

Erich Kaestner 1899 - 1974

とりわけおかしいのが、男が「もう4時15分だからコーヒーの時間だよ」と言い出す箇所です。女との関係や自分の生活史が崩れてゆく最中、困惑して縋ったのが習慣だったという所が何ともおかしい。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー