« 立派な律儀な秋 | トップページ

2018年11月10日 (土)

酔った気持ち

オディロン=ジャン・ペリエ (1901-1928)

あゝ痛い、古びたキャバレーのカウンター

僕が煙草を吸う場所、髪押し付けて

燃える竪琴の中に

輝くリモナード、リキュールが形作る

パンの笛の中に

夜を閉じ込めた美女は

愛らしいマデーレ・ワインや恥知らずなメントールと

同じ色の目をしている。

僕の苦痛は後光の差したアルコールのせい

マダムは面倒臭そうに両手をあげるが

煙の中で僕らはお互い出会うだろうか?

- それはそれ、ワインの光の中で

ミューズが一人瀕死の傷を負いながら

酔っ払って吠えている、犬みたいに。

Connaissance de l'ivresse

Odion-Jean Perier (1901-1928)

ブリュッセルに生まれて死んだベルギーの近代詩を代表する詩人。近所に住んでいた青年時代のアンリ・ミショーとも交際があったそうです。ブリュッセル派シュールレアリストに属しますが題材は平凡な市民生活の日常から採られたものがほとんどです。(Wikipedia仏語版より)

都会を故郷にする人間に多いはにかみと慎ましさが感じられて、同類である私の好きな詩人です。

« 立派な律儀な秋 | トップページ

フランス詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/67366019

この記事へのトラックバック一覧です: 酔った気持ち:

« 立派な律儀な秋 | トップページ