« 過去はお好きですか? | トップページ | 立派な律儀な秋 »

2018年9月21日 (金)

ベルリン、お前はドイツのドイツの女

ヴォルフ・ビアマン (1936 ハンブルク生れ)

ベルリン、お前はドイツのドイツの女

俺はお前の求婚者

おお、お前の手はこんなに荒れて

寒さと火炎のせいだ

おお、お前の腰はこんなにか細くなって

お前の広い道路みたいだ

ああ、お前のキスはこんなに味気ないが

俺はもうお前を放ってはおかない

俺はもうお前を置き去りに出かけはしない

西側には壁が立ち塞がり

東側には俺の仲間達

北風は荒っぽい

ベルリン、お前はブロンドのブロンドの女

俺はお前の冷たい求婚者

お前の空は夏至の青空

そこに俺のギターが引っ掛けてある

Wolf Biermann (1936 in Hamburg)

Berlin, du deutsche deutsche Frau

1953年に東独へ移住したり、1960年には東独政権党SEDから公演禁止を命じられたりと、共産党体制内での反体制派だったビアマンはシンガーソングライターとして有名でしたが、詩人でもありました。彼の詩集は戦後ドイツ出版の詩集の内、最も売れたものだったそうです。

ブレヒトの弟子ですから当然社会主義者ですが、人間の顔をした社会主義を目指した反体制派でした。

1950~60年代のベルリンとその気分が描かれていて当時の面影の片鱗を知る身としては、懐かしい気にさせられます。腰回りがか細いとは終戦後の栄養失調、広い道とは砲爆撃で建物が吹き飛んで広く見える市街のことです。ドイツのドイツのと繰り返してありますが、これは西独の東独のと二つのドイツが有った時代だからでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=n7a6M5JOqdc

ユーチューブにこの詩を歌っているビアマンがいました。若い写真です。昔のベルリンを偲ぶ歌ならマルレーネ・ディートリッヒの『私、ベルリンに旅行カバンをまだ一つ残しているの Ich habe noch einen Koffer in Berlin』もお薦めです。こちらもユーチューブで聴けます。

https://www.youtube.com/watch?v=d-BLoI-0aFc

「ベルリンにはカバンを一つ残してある。だから行かなくちゃ。思い出はカバンの中にぎっしり。ウィーンやパリも素敵だけど、私には懐かしいあの街が一番.............」という様な歌詞です。

« 過去はお好きですか? | トップページ | 立派な律儀な秋 »

ドイツ詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/67192055

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン、お前はドイツのドイツの女:

« 過去はお好きですか? | トップページ | 立派な律儀な秋 »