« 西への道 | トップページ | 盲目の斑点 »

2018年1月23日 (火)

冬の歌

ウラ・ハーン (1946 - )

今日あなたの家を出たとき

初雪が降っていた

そして私は韻律づくりに

頭を痛めていた

目が涙で一杯なのは

寒さのせいではなく

韻を踏まない

何かのせいだった

ああ、私が呼んだとき

あなたはもう遠ざかっていて

それで私は問うた、先夜誰があなたの

韻の中に眠ったのかと

Ulla Hahn (1946 - )

Winterlied

ザールラント州生まれの女性詩人。ungereimtには「韻を踏まない」と「しっくりしない」の二つの意味があります。

詩作の問題、寒さ、しっくり行かなくなった男女関係が絡まって女性的な良い詩になっていると思います。

« 西への道 | トップページ | 盲目の斑点 »

ドイツ詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/66313447

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の歌:

« 西への道 | トップページ | 盲目の斑点 »