« 悲哀の道 | トップページ | 西への道 »

2017年12月23日 (土)

恋の道

サビーヌ・シコー (1913 - 1928)

恋よ、私のいとしい恋よ、そばにいれば

お前の美しい顔で分かる。

たとえお前が名前や訛りや心や歳を変えようと、

お前の顔を見れば間違うことは無い。

お前の両眼には、恋よ、私のそばでは

星々の我慢強い明るさがある。

夜だろうと海だろうと避難港の無い島だろうと、

お前が私を認めてくれれば、怖いものは何も無い。

私の恋よ、遠くから、お前のために、私は来た、

多分。で、我々は今どこへ行くのだろう?

いつからお前は、私の消えた影を探しているのだ?

いつ私はお前を見失ったのか?どの生に於いて?

天は今我々に立ち向かっているのか?

Sabine Sicaud (1913 - 1928)

le chemin de l'amour

道シリーズですからサビーヌ発病前の作品です。

最後の三行は輪廻転生への傾向をはっきり示しています。「私の消えた影」とは過去生に於ける人生、またはその記憶を指すのでしょう。

実際のサビーヌには恋愛の経験が有りませんでした。家族と家に引きこもっていては、当時のことですから、同世代の男の子と識り会う機会は無かったでしょう。

それで始めの数行のよう恋愛を美化した、恋に恋する気持ちが文字になったりします。

« 悲哀の道 | トップページ | 西への道 »

サビーヌ・シコー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/66190767

この記事へのトラックバック一覧です: 恋の道:

« 悲哀の道 | トップページ | 西への道 »