« 春 | トップページ | 悲哀の道 »

2017年11月29日 (水)

でこぼこ道

サビーヌ・シコー (1913 - 1928)

古い道、でこぼこなのはわだちの跡か。

雨がひどかったから。

荷馬車のかよった古い道

もう粉挽を止めた古い水車小屋への道

もうお城の無い殿様の道。

首切り役人の道、

郵便馬車の道

四つ辻で交わる道は、みんな草ぼうぼう

水たまりだらけの道

道はみな廃道

丈高い野ばら、りんぼく、ドゥス・アメール草やブリオンヌ草の間

風は洞窟や黄睡蓮の間を吹き抜けるあの風

メランコリーの風

バリバリと雌山羊の脚が踏み砕く薄氷も

落ちかかる夜の前には悲しくなる。

でこぼこ道、雨、灰色の霧氷、

最後のてんとう虫.....。

丈夫な新しい橋で川を越す、新道で行こう。

Sabine Sicaud (1913 - 1928)

Le chemin creux

道シリーズは全部で18篇、全て病気にかかる前の13歳~15歳の作品です。

最後の行があっけらかんとしていて面白く感じました。

古く滅びて行くものへの共感を綴り続けて最後に「新道を採ろう」といかにも素直な子供らしい決断が来ます。

サビーヌの家庭は父親が社会主義者の進歩派でしたから、カトリックとは縁の薄い無神論者だったと思われます。楽天的な科学万能主義が主流の時代でしたので、新しいものを素直に良しとして受け入れる風潮が当時の社会全体にありました。

ただお客を招いてのサロンの折には仏教などにも話が及んだそうですから、まったくの唯物論者であったとは言えないでしょう。

« 春 | トップページ | 悲哀の道 »

サビーヌ・シコー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/66101227

この記事へのトラックバック一覧です: でこぼこ道:

« 春 | トップページ | 悲哀の道 »