« 亜麻色の髪の乙女 | トップページ | ああ、叫ばせて! »

2017年8月 6日 (日)

刻印

アナ・ド・ノアイユ (1876 - 1933)

私、これ程上手に強く、命を支えにしているのだから、

こんなに荒々しくくっ付いて、あんなに抱きしめあって、

だから優しい日の光が私から奪われる前に

命は私と絡み合って、温められるでしょう。

地球の上にたっぷり広がった海は

水のさまよいの中でも、私の好みを守るでしょう

鋭く辛い苦痛への私の好み

そして動く日々の上では、私を船の様に揺するでしょう。

我が丘の連なりの中に、両目の熱を

私は残しておく。見つめると丘は花盛りだ。

バラの枝の棘先に止まった蝉が

我が欲望の鋭い叫びを震わせる。

春の野の新緑と

掘割の縁のふっくらした芝生とは

これらを押し包む私の両手の影が

まるで翼の様に羽ばたき逃げ去るのを感じるだろう。

私の喜びであり領土でもあった自然は

空中に衰えない私の熱気を吸うでしょう。

そして人の悲しみの鼓動の上に

私は我が心の独特な形を残しおくことでしょう。

『数限りない心(Coeur innombrable)』より

Anna de Noailles (1876 - 1933)

L'empreinte

ギリシャ・ルーマニア王家の血を引く王女としてパリに生まれたアナは、19歳でノアイユ伯爵と結婚する。1901年に『数限りない心(Coeur innombrable)』を刊行し、震える様に情熱的な叙情性で注目を浴びる。一言では言い表せない性格の彼女は程なく自邸に文化サロンを開設。常連にロスタン、クローデル、コクトー、マックス・ジャコブ、ヴァレリーなど当代のエリートを集めた。

ひどく分かりにくい詩です。でも何故か、心惹かれる詩でもあります。

ラルース社刊『フランス名詩100撰』より

« 亜麻色の髪の乙女 | トップページ | ああ、叫ばせて! »

フランス詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/65627064

この記事へのトラックバック一覧です: 刻印:

« 亜麻色の髪の乙女 | トップページ | ああ、叫ばせて! »