« パリは二層甲板ガレー船 | トップページ | 刻印 »

2017年6月14日 (水)

亜麻色の髪の乙女

ルコント・ド・リール (1818 - 1894)

花盛りリュゼルヌ草に腰下ろし

朝早くから歌うのだ~れ?

亜麻色の髪の乙女が歌ってる

美女の唇桜桃の色。

夏の明るい陽の下で、

恋が歌うね雲雀とともに。

君の唇色冴え冴えと、

ねえ君、僕をキスへとそそのかす!

花の盛りの草の上、お話が好き?

眉毛の長い、細い巻毛のお嬢さん。

夏の明るい陽の下で、

恋が歌うね雲雀とともに。

駄目と言ってはいけません、冷たい乙女よ!

いいわと言ってもいけません、僕は問いかけしてみたい

君の大きな両眼の長い凝視に

バラの唇に、ああ麗しの人!

夏の明るい陽の下で、

恋が歌うね雲雀とともに。

鹿よさよなら、さよなら兎

赤いウズラもさようなら。

亜麻色の君の髪そして

深紅の唇に、僕は口付けしたいのだ。

夏の明るい陽の下で、

恋が歌うね雲雀とともに。

Leconte de Lisle (1818 - 1894)

la fille aux cheveux de lin

この詩を読んでドビッシーがピアノ曲を作り、それに刺激されたヴィレッジシンガーズの歌で有名になりました。元の詩はあまり知られていないようなので邦訳してみました。シャンソンの様な繰り返し(ルフラン)を持ち、気分は田園風です。

ルコント・ド・リール作詞のフランス歌曲(メロディー)としてはフォーレが作曲した「イスパファンの薔薇」の方が、移り気な娘心を恨む男の哀れさが出ていて優れている様に思います。もっともルコント・ド・リールの作風は難しい仄めかしが多く、分かりづらく、そこが良いのですが、この詩の様に単純なものは例外的です。

« パリは二層甲板ガレー船 | トップページ | 刻印 »

フランス詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/65410703

この記事へのトラックバック一覧です: 亜麻色の髪の乙女:

« パリは二層甲板ガレー船 | トップページ | 刻印 »