« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月21日 (土)

処女にして気違い、けじめも無くルイ金貨1枚も持たないズュルマの思い出に寄せて

トリスタン・コルビエール(1845 - 1875)

彼女は二十歳と金持ちだった、

僕は20フランと若かった、

それで僕らは一つ財布でやってみた、

或る春の不実な夜に、

底無しに設定した。

月が真ん中に穴を開けた、

5フラン硬貨みたいに丸い、

そこから僕らの財産は流れ去る、

二十歳!20フラン!.....それからお月さま

硬貨で、あらら、20フランだ、

硬貨で、同様に、二十歳だ、

いつでも穴から穴へとお月さま、

そして財布から財布へと共同会計、

殆ど同じ財産だ!

僕は彼女を見出した、たくさんの春、

たくさんの二十歳、たくさんの20フラン、

穴がたくさん、月もたくさんあった。

その後も、彼女はいつだって処女で二十歳、

そしてコミューンの連隊長夫人!

それから、通行人狩り、

20スーで、次いで20フランで、

そしてその後は共同墓地、

月の穴は無いけど、宿泊無料だよ。

Tristan Corbiere (1845 - 1875)

A la memoire de Zulma vierge folle hors barriere et d'un Louis


青春期に結核性リューマチを発症。この病気が原因で30歳を目前にして死亡。学業を諦めてロスコフに居を移しヨットとボヘミアン暮らしを送る。1873年よりパリ住まいとなる。詩集『黄色い愛』を刊行するも皮肉と絶望に彩られた彼の詩は世間に無視された。没後の1885年ヴェルレーヌによりやっとこの「呪われた詩人」が評価されるに至った。

 

ラルース社刊『フランス名詩100撰』より

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »