« こんなに君が好きだった | トップページ | 処女にして気違い、けじめも無くルイ金貨1枚も持たないズュルマの思い出に寄せて »

2016年12月29日 (木)

踊り子

エドガー・ドゥガ (1834 - 1917)

踊れ、翼の付いたお転婆、森の芝生の上で、

お前の細い腕は、真っ直ぐ伸びて、跳躍や荷重の釣り合いを取っている。

知っての通り、お前にはセレブな生活をして欲しいのだ。

ニンフよ、優雅女神よ、昔の高みから来ておくれ。

タリオニよ、アルカディアの姫君よ、来ておくれ、

僕が選んだ、不敵な面構えのこの小娘に、

微笑んで、気品を与えて育てておくれ。

モンマルトルがこの娘に、ご先祖の根性をを伝えたとすれば、

ロクスラーヌは鼻を、シナ人は目を与えたのだ、

君の番だアリエルよ、この新入りに伝えて欲しい、

君の軽い昼の足取りと、軽い夜の足取りを。

だが僕の好みとしては、この娘が果実を守り

黄金宮殿に入っても、町娘の生まれ育ちを忘れずにいて欲しいのだ。

Edgar Degas (1834 - 1917)

La Danseuse

ドゥガは印象派の画家、バレーのモチーフ作品で有名です。詩を残しているとは知りませんでした。一行12音節のアレクサンドラン、各詩節は4行-4行-3行-3行のソネットで韻を踏んだ本式のものです。

« こんなに君が好きだった | トップページ | 処女にして気違い、けじめも無くルイ金貨1枚も持たないズュルマの思い出に寄せて »

フランス詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/64690662

この記事へのトラックバック一覧です: 踊り子:

« こんなに君が好きだった | トップページ | 処女にして気違い、けじめも無くルイ金貨1枚も持たないズュルマの思い出に寄せて »