«  怠け者 | トップページ | 薪の上に腰掛けて、手にはパイプ »

2016年9月15日 (木)

一息入れる

ヴィルヘルム・レーマン

二番草の香りが道に漂って、

八月だ。雲一つ無い。

荒々しい風など街道に一切吹かず、

アザミを軽く揺らすには十分な程度。

世界大戦はここでは遥かに過ぎた歴史、

蝶の一遊びに時間が安らう。

モーツァルトは作曲し、シェークスピアは詩を書き、

そんな話を歴史は聴きたがっている。

リンゴがひとつ木から落ち、雌牛は青草を食んでいる。

生垣の切れ目の外、海が青い。

ツィターがドンジョバンニを奏でて、

バッサーニオがポーシャを連れて漕ぎ出したのはベルモントからだ。

怒り狂った者も慰められる。

アテネのタイモンやリア王もだ。

忘れられてしまうという苦痛から逃れて。

ほらもう話をしている。君のかたわらに座って。

時間が静かに立ち止まり、カタツムリは

我が家を引っ張る。コーデリアの静かな笑いは

数世紀の時を超えて響き渡る。何も変わってはいない。

僕は彼女といれば若くなり、国王といれば年老いる。

Atemholen

Wilhelm Lehmann 1882 - 1968

バッサーニオ、ポーシャ、ベルモントは『ベニスの商人』に出る人物と地名。コーデリアはリア王の末娘です。

ヒトラーの尻馬に乗って戦争に突っ込み、大敗を喫して意気消沈だったドイツも戦後の混乱期を過ぎて一息入れているところがこの詩の時期です。そこで「考えてみればドイツ文化はヨーロッパ文明の大きな柱だった、我々はユーロッパ文明国なのだ」という自負心でしょうか。それとも「ヨーロッパは不滅、よって欧州文明の一国たるドイツも不滅」というふてぶてしさでしょうか。EUができる前の、欧州人が欧州への信頼を失っていなかった時代の空気が感じられます。

«  怠け者 | トップページ | 薪の上に腰掛けて、手にはパイプ »

ドイツ詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/64207221

この記事へのトラックバック一覧です: 一息入れる:

«  怠け者 | トップページ | 薪の上に腰掛けて、手にはパイプ »