« 小さな幸せ | トップページ | 二人だけのランデヴー »

2016年5月17日 (火)

ハンモック

レイモン・ラディゲ (1903 - 1923)

ハンモック

空の底、海のではない。

自分で広げた網に捕らえられた

裸の君を天国に、捧げたことを根に持って、

理解できない理由から

もし僕を恨んでいるのなら、空気の精よ。

飾肩帯を借りには行くな

群青のこの草の四月に

魚たちよ、春の先触れ

かつてはツバメがそうだった様に

無害な心がしまってある

僕の穂束を軽蔑して君の足は

優雅に空を揺する

つまり湖の底の眠りは

ハンモックの眠りの様に心騒ぐのだから。

Raymond Radiguet (1903 - 1923)

Le Hamac

« 小さな幸せ | トップページ | 二人だけのランデヴー »

フランス詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/63644755

この記事へのトラックバック一覧です: ハンモック:

« 小さな幸せ | トップページ | 二人だけのランデヴー »