« ル・マンシー(輿椅子) | トップページ | 小さな幸せ »

2016年4月21日 (木)

私の或る一日

マックス・ジャコブ  (1876 - 1944)

私の或る一日

ポンプから水を汲もうと思い青いポットを二つ手にした。階段が高いので目眩をおこした。ポット一つが余計だったので元の場所へ戻った。目眩が怖いのでもうポンプの所へは行かなかった。ランプから溢れた石油が漏れ出てしまうので、ランプ用受け皿を買うために外出した。だが紅茶用の受け皿しか見つけられなかった。四角くてランプには向いていない。受け皿を買わずに店を出た。公立図書館へ向かう。道々僕はカラーを二つも付けていてネクタイは忘れているのに気付いた。家へ戻った。雑誌ルヴューを取りにヴィルドラーク氏の所へ出かけるも、雑誌は持たずに帰った。雑誌の中でジュール・ロマン氏が僕の悪口を書いていたからだ。後悔の念にかられて眠らなかった。様々な後悔と絶望のために。

Max Jacob (1876 - 1944)

Une de mes journees

ドイツ出自のユダヤ人一家に生まれ、1898年22歳のときパリへ出る。ピカソやアポリネールと交友関係を結びモンマルトルで青春を送る。1944年ゲシュタポに捕えられ強制収容所で死亡。

現代という時代の中での詩人の絶望感を描いた詩が多い。

ラルース社の名詩100撰より。

« ル・マンシー(輿椅子) | トップページ | 小さな幸せ »

フランス詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566114/63516857

この記事へのトラックバック一覧です: 私の或る一日:

« ル・マンシー(輿椅子) | トップページ | 小さな幸せ »